昭和のテレビドラマ

明日がござる、ホームドラマの方向性が嫁姑対立にシフトした作品

『明日がござる』(1975年10月2日~1976年9月30日、テレパック/TBS)といえば、水前寺清子主演、平岩弓枝脚本、石井ふく子プロデューサー、テレパック制作、TBS放映という、あの昭和テレビドラマ史に残る『ありがとう』のキャストとスタッフである。
昭和のテレビドラマ

ありがとう、いつも心に青空を、ホームドラマの体裁で大河ドラマ

『ありがとう』(1970年4月2日~1975年4月24日、テレパック/TBS)といえば、昭和のテレビドラマ史に金字塔を打ち立てた名作ドラマである、Facebookでは、その『ありがとう』について振り返られていたので、それをご紹介したい。
昭和の映画

『喜劇 女は度胸』倍賞美津子初主演は京浜工業地帯の羽田が舞台

『喜劇 女は度胸』(1960年、松竹)は、映画ファン以外に、一部のマニアには評価が高い作品である。理由は、羽田が舞台であり、当時の京急羽田空港線や230形の車両、今は堤防ができて綺麗な家が並ぶ、海老取川沿いの当時の民家や工場などが写っているからだ。
昭和芸能千一夜

風吹ジュンは若い頃から女優として魅せ方にこだわっていた

風吹ジュンの当時25歳のインタビューが話題になっている。『東京スポーツ』(2016年3月8日付)の「よみがえる青春の女性」という連載コーナーで、現在も活躍する女優の1970年代のインタビューを、当時の写真付きで再録したものである。『原子力戦争/Lost Love』の公開を間近に控えていたときに行ったインタビューという。
昭和の映画

松原智恵子が語る『たんばぽ』と『敵か?味方か?3対3』

松原智恵子といえば、日活時代の映画、そしてホームドラマ全盛の1970~80年代に大活躍。最近でも『死に花』(2004年、「死に花」製作委員会/東映)でトップレスシーンを見せるなど健在である。その松原智恵子の33歳当時のインタビューが、『...
昭和芸能千一夜

丘みつ子、ベテラン女優の存在感はこんな経歴から

丘みつ子が、『東京スポーツ』(2016年2月26日付)の「団塊記者の取材回顧録」という連載記事で紹介されている。同記事は、現在も活躍する芸能人の、昭和40年代に行ったインタビューを毎回写真付きで再録するものである。
昭和芸能千一夜

『仮面ライダー1号』が話題の藤岡弘、『特捜最前線』を思い出す

『仮面ライダー1号』が話題だ。シリーズ生誕45周年記念映画で単独主演を務めるのは古希を迎えた藤岡弘、。変身ポーズと生身のアクションを収めた、迫力の予告編が公開されたと報じられた。古希を迎えたので、かつての出演作品も振り返ってみよう。
昭和芸能千一夜

渡哲也、意表を突く大胆な発想力による2つの人心掌握エピソード

渡哲也といえば、石原プロを長年背負ってきた元社長であり、俳優でもある。石原プロは、渡哲也なしに語れないことは間違いないが、具体的な桁外れのエピソードを明かしているのが、芸能リポーターの城下尊之である。石原プロを長年支えてきた渡哲也にはどのようなエピソードがあったのか。
昭和芸能千一夜

中村梅之助、『達磨大助事件帳』はテレビ朝日専属契約出演だった

中村梅之助さんが今月18日に亡くなったと話題になっている。前進座の社長でありトップ俳優でもあるだけでなく、一時期はテレビ朝日と2年間の専属契約を結び、その一環として『達磨大助事件帳』(1977年10月13日~1978年5月11日)に出演したというのだ。
社長シリーズ

『社長えんま帖』新メンバー加入と唐津くんちの迫力ロケ

『社長えんま帖』(1969年、東宝)は、33作上映された森繁久彌社長シリーズの30作目である。小沢昭一、藤岡琢也、そして関口宏と内藤洋子が新たにシリーズに登場。地方ロケ地では唐津くんちを紹介し、自家用セスナで移動するなど新機軸が設定されている。
タイトルとURLをコピーしました