ジェリー藤尾さんは、歌手としては『遠くへ行きたい』などのヒット、俳優としても『どですかでん』など数々の作品に出演

この記事は約6分で読めます。

ジェリー藤尾さんは、歌手としては『遠くへ行きたい』などのヒット、俳優としても『どですかでん』など数々の作品に出演

今日はジェリー藤尾さん(1940年6月26日~2021年8月14日)が生まれた日。『遠くへ行きたい』などのヒットや俳優としても数々の作品に出演しました。晩年は、『やすらぎの刻~道』に久々に出演して話題になりました。(画像は下のOGPより)

ジェリー藤尾さんについては、生前に1度ご紹介したことがありますが、3回忌も過ぎたので、改めてその生涯を振り返ってみます。

ジェリー藤尾さんは、NHKアナウンサーの父と、イギリス人の母のハーフとして生まれました。

1940年に中華民国上海で生まれ、第二次世界大戦の終戦を迎えて日本へ引き揚げました。

上海では、外国人居留地で英語のみで生活していたため、帰国後の藤尾母子は、言葉の壁や外見から差別を受けたそうです。

母はアルコール依存症に陥り、ジェリー藤尾さんが中学1年生の時に亡くなりました。

ジェリー藤尾さんは、愚連隊に入りやさぐれていましたが、ジャズ喫茶で歌っていたところをマナセプロからスカウトされて芸能界入りしました。

マナセプロというのは、坂本九、水原弘、山下敬二郎、森山加代子らの所属していた、当時は日の出の勢いの事務所です。

1962年にリリースした『遠くへ行きたい』は大ヒットし、1970年10月にスタートした同名の旅行番組の主題歌としても使われています。

やさぐれていた過去から、芸能界一喧嘩が強い男として知られ、実際に武勇伝もいろいろあったようです。

たとえば、目尻には傷がありますが、その勲章とも言われています。

Copilotに、「ジェリー藤尾の代表曲」を尋ねたところ、「遠くへ行きたい」という回答がありました。

この曲は永六輔が作詞し、中村八大が作曲した名曲で、1962年にNHKの人気番組『夢であいましょう』で紹介され、大ヒットしました。

ジェリー藤尾はその他にも『ダニー・ボーイ』『土佐の一本釣り』『指笛の丘』などのヒット曲を持っています。

俳優としては、次の作品を挙げています。

「檻の中の野郎たち」 (1959): 監督川崎徹広の映画で俳優デビューを果たしました。
「独立愚連隊」 (1959): 岡本喜八監督の作品で出演しました。
「用心棒」 (1961): 黒澤明監督の名作映画にも出演しています。

私はそれに加えて、黒澤明監督の『どですかでん』を加えたいと思います。

どですかでん


『どですかでん』は、黒澤明監督が、山本周五郎的世界を描いて賛否両論の初カラー作品です。

『どですかでん』(1970年、東宝)はゴミの集積所の一画に形成されたガレキ街を舞台に市井の人びとの生活を描いた群像劇
『どですかでん』(1970年、東宝)は、ごみの集積所の一画に形成されたガレキ街を舞台に、市井の人びとの生活を描いた群像劇である。山本周五郎の小説『季節のない街』が原作で、黒澤明監督が初めてカラーで撮った作品として知られている。

ごみの集積所の一画に形成されたスラムを舞台とした、そこに生きる個性ある人びとの生活を描いています。

主人公の六ちゃん(頭師佳孝)は知的障害者で、川の向こう側の健常児からは、石を投げられています。

でも、舞台となる集落の人たちは、彼をいじめません。

かといって、腫れ物にさわるような扱いもしません。

会話を求められればそれに応じ、奇行と思える行動も、別に危険がなければそのままです。

普通に接しているのです。

障碍者と生きるモデルのような描き方でした。

私は、障碍のある子どものことが多少は分かるので、この作品はリアリティがあって好きですが、というか、こんなに面白い作品はないと思うのですが、“世界のクロサワはこんな下世話な長屋話は撮っちゃいけないんだ”という声もあり、当時は興行・批評とも不振で、結局黒澤明監督は自殺未遂に追い込まれています。

クドカンこと宮藤官九郎さんも、この作品をすごく推してますけどね。

今回は割愛しますが、登場人物が、面白すぎるのです。

キャラ設定だけでなく、深いリアリティがあります。

ジェリー藤尾は、くまん蜂の吉という、誰彼となく喧嘩をふっかける役です。


もっとも、デフォルメしたアクションで啖呵を切るのですが、スラムの住人には誰一人手をかけることはしません。


ガチで喧嘩したらこんなもんじゃにないだろうにと思いますが、喧嘩慣れしている人でないとできない役かもしれません

誤解された泥沼離婚劇


ジェリー藤尾は、同じ時期に歌っていた渡辺トモコ(渡辺友子)と結婚、

2人の娘も含めて、幸せファミリーとして、番組の司会やCMなどに出演していました。

ところが、突然、渡辺友子が家を飛び出して別居⇒離婚。

渡辺友子が、ジェリー藤尾の浮気やDVが原因であると述べ、それに対してジェリー藤尾は反論など同じ土俵には立たなかったので、芸能マスコミはジェリー藤尾をいっせいに叩きました。

ところが、離婚の際、2人の娘は父である藤尾の側に付き、長女は「あの人は人間のクズ」と、渡辺友子の乱れた素行や男性関係を暴露しました。

娘にそこまでさせる母親ってどうなの、と思いますが、それはともかくとして、そのスキャンダルの余波でジェリー藤尾は仕事が減り、田園調布の豪邸を売却せざるを得なくなりました。

それでも、「(嫁いだ)娘の世話になる気はさらさらない」として、再婚もせず、晩年は有料老人ホームで暮らし、そこから仕事を行っていたそうです。


ジェリー藤尾は、『やすらぎの刻~道』に出演。

久々に歌声も聞かせてくれました。

OGPの辛坊のセリフは、まさにジェリー藤尾さんの本心かもしれません。

倉本聰さんは、ドラマにリアルを持ち込むのが、ホント好きですね(笑)

Wikiには、2010年に渡辺友子の不貞を、ジェリー藤尾自身が認める発言をしたと記載されています。

私の記憶では、相手はジェリー藤尾の知っている人であることを示唆していて、渡辺友子の名前を聞くのも口にするのも不愉快だ、というような内容だったと思います。

子供の頃は差別され、配偶者は他の男に走り、離婚時は誤解され、家も失うなど辛いことに満ちていた人生ですが、そうした陰翳に富む生き様は、仏教の教えである「人生は一切皆苦」を改めて感じさせるものです。

ジェリー藤尾さん、覚えておられますか。

ともあれ、人生は美しい ―昭和を生き抜いたジェリー藤尾の真実― - 小田 豊二, ジェリー藤尾
ともあれ、人生は美しい ―昭和を生き抜いたジェリー藤尾の真実― – 小田 豊二, ジェリー藤尾

コメント

タイトルとURLをコピーしました