花の中三トリオはいうまでもなく森昌子、桜田淳子、山口百恵の3人だがレコード大賞最優秀新人賞を獲得したのは誰?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク↓

花の中三トリオはいうまでもなく森昌子、桜田淳子、山口百恵の3人だがレコード大賞最優秀新人賞を獲得したのは誰?
花の中三トリオ。いうまでもなく森昌子、桜田淳子、山口百恵の3人だが、時は移ろい今は昔で、それを知らない世代が半分以上になってしまった。それはともかくとして、花の中三トリオでレコード大賞最優秀新人賞を獲得したのはご存知だろうか。

唐突なこの質問は、昨日の『東京スポーツ』(2017年12月13日付)16面の、『Qスポ』というコーナーに出ていた設問である。

そのまま引用しよう。

『東京スポーツ』(2017年12月13日付)

“花の中三トリオ”と呼ばれた森昌子、桜田淳子、山口百恵。「スター誕生!」出身で、ほぼ同時期(1972~73年)にデビューした同学年の3人だが、レコード大賞で最優秀新人賞を獲得したのはこの中の1人だけだった。それは誰? またその時の受賞曲は?

このブログを読んでいる方なら、すぐにわかるはず。

何しろ答えが書いてあるのだから。

では正解は……『わたしの青い鳥』の桜田淳子である。

『わたしの青い鳥』は、桜田淳子にとって3枚目のシングルであり、初めてトレードマークのキャスケットを外している。

『わたしの青い鳥』は桜田淳子にとって3枚目のシングルでデビュー3曲目にして初めて彼女はキャスケットを外した
『わたしの青い鳥』は桜田淳子にとって3枚目のシングルである。このレコードジャケットは、デビュー3曲目にして初めて彼女はキャスケットを外した。デビュー時と変わらない笑顔と路線ではあるが、中学生歌手だから少しずつ成長が見られなければならない。

桜田淳子は、それだけでなく、第4回日本歌謡大賞・放送音楽新人賞も受賞した。

スポンサーリンク↓

ちなみに他の新人賞受賞者は、浅田美代子、安西マリア、あべ静江、アグネス・チャンなど、みな「あ」がついたが、その中で、ふたつとも「あ」のつかない桜田淳子が最優秀に輝いた。

しかも、5人の楽曲の中では、オリコンの最高順位はもっとも低かった(18位)のに、である。

それだけ存在感が際立ち、文句なしに同年のナンバーワン新人ということだったのだろう。

『美しい夏』は桜田淳子30枚目のシングルリリースで戦時下のイタリアを描いたパヴェーゼの小説と同じタイトル
『美しい夏』は桜田淳子30枚目のシングルリリースである。戦時下のイタリアで2人の女の孤独な青春を描いたパヴェーゼの小説と同じタイトルである。もちろん、それが原案ではなく両作品に関連はない。ただ、ジャケットは彼女の綺麗な瞳が表現されている。

桜田淳子と何かと比べられた山口百恵は、デビュー曲が不振だった。

森昌子も日本歌謡大賞で「最優秀」を受賞

東京プリンスホテルの授賞式では、「私ばっかり賞を頂いちゃって、百恵ちゃんがもらえないなんて悲しい」と嘆いた。

しかし、お互いプロであり、プロなら同情は失礼に当たる。

同情するふりをして、実は山口百恵をリードした“勝利感”に酔っていたのかもしれない。

もっとも、山口百恵は、翌年から「青い性典」路線で見違えるような進化を遂げる。

一方、森昌子は、1972年(昭和47年)7月1日、徳間音工から『せんせい』で歌手デビュー。

自身最高のセールスを記録し、翌1973年末の『第24回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たしたが、第14回日本レコード大賞は5人の「新人賞」にとどまり、「最優秀」は麻丘めぐみにさらわれた。

第3回日本歌謡大賞は、2人選ばれる優秀放送音楽新人賞に輝いた。

夢を食った男たち―「スター誕生」と歌謡曲黄金の70年代 (文春文庫) -
夢を食った男たち―「スター誕生」と歌謡曲黄金の70年代 (文春文庫) –

スポンサーリンク↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加