芸能千一夜

昭和芸能千一夜

常田富士男さんは個性派の怪優。『まんが日本昔ばなし』では語りとすべての登場人物の声を市原悦子さんと2人のみで担当

常田富士男さん(1937年1月30日~2018年7月18日)の7回忌です。個性派の怪優として、ビートルズを題材としたカルトGSの歌手として活躍しました。『まんが日本昔ばなし』では語りとすべての登場人物の声を市原悦子さんと2人のみで長年に渡って演じました。
昭和芸能千一夜

石原裕次郎さん(1934年12月28日~1987年7月17日)は俳優として歌手としても成功を収めたロマンや情念をシンプルに表現する映画人

7月17日は、石原裕次郎さん(1934年12月28日~1987年7月17日)の命日です。俳優として知られ、歌手としても成功を収めました。映画人として、ロマンや情念をシンプルに、そして何の遠慮もなくダイナミックに力いっぱい表現するクリエイターでもありました。
昭和芸能千一夜

かしまし娘は流行歌や浪曲を弾きながらネタを喋り、照枝さんがスラップスティックな身振り手振りで笑いを取り最後は演奏で下げる芸

姉妹漫才トリオ「かしまし娘」の次女、正司照枝さん(しょうじてるえ 1933年3月15日~2024年7月8日)の訃報が出て話題になっています。8日午後6時頃、急性心臓死のため大阪府の自宅で亡くなったそうです。91歳。1月に長女の歌江さんが亡くなったばかりでした。
昭和芸能千一夜

押阪忍さんの訃報が話題です。日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)のアナウンサーからフリーとして独立。テレビ司会やCMで活躍

押阪忍さんの訃報が話題です。日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)のアナウンサーからフリーとして独立。テレビ司会やCMで活躍しました。私が印象深いのは『東芝ファミリーホール特ダネ登場!?』や『ベルトクイズQ&Q』など。昭和九年会の一人でした。
昭和芸能千一夜

浜畑賢吉さん(1942年10月29日~2024年7月2日)は『進め!青春』のナポレオン先生、『コーラスライン』のザック役など演じる

浜畑賢吉さんの訃報が話題です。浜畑賢吉さん(1942年10月29日~2024年7月2日)は俳優であり、ミュージカルの舞台やテレビドラマで活躍しました。ミュージカル「コーラスライン」では主人公のザック役を800回以上演じたことでも知られています。
昭和芸能千一夜

結城美栄子さん(1943年7月7日~)は1970年代までは映画やテレビドラマの女優として活躍。1980年代中頃からは陶芸家として活動

結城美栄子さん(1943年7月7日~)の誕生日です。おめでとうございます。1970年代までは映画やテレビドラマの女優として活躍。1980年代中頃からは陶芸家としての活動が主となっています。姪には結城アンナさんがいて、『徹子の部屋』に2人で出演しました。
昭和芸能千一夜

東八郎さん(1936年5月31日~1988年7月6日)はトリオ・スカイラインで寄席番組にデビュー後、コメディアンとして幅広く活躍

東八郎さん(1936年5月31日~1988年7月6日)の37回忌です。歌手・田谷力三さんに弟子入り後、トリオ・スカイラインで寄席番組にデビュー。その後はコメディアンとして、テレビドラマ、バラエティー、映画、舞台など幅広く活躍したものの52歳で急逝しました。
昭和芸能千一夜

赤塚真人さん(1951年3月19日~2024年7月4日以前)の訃報情報が4日夜から拡散しつつあります。三枚目かつ小心で善良な役が定番

赤塚真人さん(1951年3月19日~2024年7月4日以前)の訃報情報が4日夜から拡散しつつあります。三枚目かつ小心で善良な役が定番でした。山田洋次監督作品などに多く出演しています。テレビドラマも、青春学園ドラマに複数出演、自ら劇団も主宰しました。
昭和芸能千一夜

水原弘さん(1935年11月1日~1978年7月5日)は『黒い花びら』『君こそわが命』『へんな女』など、ヒット曲の実績と豪放磊落な生き方

今日は、水原弘さん(1935年11月1日~1978年7月5日)の47回忌です。『黒い花びら』『君こそわが命』『へんな女』など、抜群の歌唱力でヒット曲の実績もありますが、破天荒で無頼漢を気取った豪放磊落な生き方が周囲の誤解を招いた面は否めませんでした。
昭和の映画

荻昌弘さん(1925年8月25日~1988年7月2日)は『月曜ロードショー』解説、料理研究家、オーディオ評論家、旅行評論家として活躍

7月2日は荻昌弘さん(1925年8月25日~1988年7月2日)の37回忌です。映画評論家、料理研究家、オーディオ評論家、旅行評論家として活躍しました。テレビは、毎週月曜夜の『月曜ロードショー』(TBS)の解説でお馴染みでした。
タイトルとURLをコピーしました